こんにちは。フジイです。frog
阪神淡路大震災から今日で23年です。
私事ですが、震災の年に建都に入社したので、
勤続丸23年ということになります。

今でもはっきりとあの日のことは覚えています。
京都市も震度5でしたし、かなり揺れました。

京都市では水道や電気ガスは幸い使うことが可能でしたが、
災害が起こる度に、普段当たり前に使えているライフラインの有り難さを思います。

ケアリフォームでは、手摺取付、段差解消に次いで、
トイレの改修のご依頼が多いのですが、
もし、トイレが使えなくなったらと、考えただけでゾッとします。

そんなもしもの時のために、家に常備しておきたいと思うのが、
排泄物処理袋です。

流すことができなくなった排泄物の水分を凝固し、
焼却処理ができる袋のことです。

ポータブルトイレのバケツにかぶせて使用できるものや、
いろんなタイプの物がありますが、
いざという時のために、常備しておく方が良いと思っています。

いざという時は突然来ます。
そして、そんな時は皆がそれを必要とし、売り切れている可能性があります。

またこういう商品は一般薬局では売っておらず、
介護用品店でも取り寄せのことが多いので、
インターネット等で購入されておくことをお薦めします。

そんなことで、今日もこうして普通に感じることのできる一日を感謝します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

フジイ
フジイ
建都建築部でケア(介護)リフォームを主に担当しておりますフジイです。
ケアリフォームと言っても、高齢者の方や障がい者の方のためだけでなく、新築や一般リフォームの中にもケアの視点でかかわります。
お客様のこだわりを大切に、日々が楽しくなり、心地良く、安全な住まいづくりの日々のつれづれをご紹介します。